★サクラサク★

こんにちは、スタッフSです。
1ヶ月前の2月6日は記録にも記憶にも残る大雪が降り大打撃を受けた福井県内!
JR福井駅前の恐竜たちは再び氷河期を迎えました。

2月8日撮影

↑ 豪雪のなかですが、心は既に暖かい春を迎えていたのです・・・

というのは・・・

1月の記事でも触れましたが、「春」を目指していた娘!
大雪が降った2月6日は第一志望大学推薦入試合格者番号を
ネットで発表されるドッキドキの日!!
推薦入試日から発表まで10日間ありまして、
その間、滑り止めとなる県外私大も複数受験しました(-.-;)
大雪のため身動きが取れず、家で待機中の私をはじめ、
家族全員がパソコンの前に集結し10時を待ちました。

アクセス集中につきなかなか開かない・・・

・・・ドキ・・・ドキ・・・

7,8分後、画面から娘の番号が目に飛び込んできたのです!
「うぉぉぉぉ~」っと泣きながら雄叫びを上げた娘\(^o^)/

・・この世の声ではありませんでした・・

高2の新学期から国公立コースのクラスに入ったものの、
成績が伸びず自信をなくしたり、宿題の多さに嘆き苦しんだり、
普段の生活のだらしなさから、
この子には本当に「春」が来るのかと心配していた日々。
今こうしてブログを書いているこの時期でも
まだ行き先が決まらずにいるかもしれないなど、
最悪の場合を考えたりもしました!!
取り敢えずセンター試験を受けていれば入学OKなところもあるんです!
名前さえ書ければOKなところへ行く意味があるのか?

(↑ 表現に隔たりがあります。お許しを!)

昨年11月、自信はなかったけど思い切って
担任の先生に推薦を申し込んだ娘。
選考基準をクリアし、担任からGOサインを頂いてから
「運」がついて来たのか、1月のセンター試験では史上初の最高点を取り、
担任が書いた調査書(3年間活動したことなど)と共に、
推薦入試(面接)に挑んだのでした。
面接と言ってもセンター試験を課しているので、
ある程度の点数を取ってないとお話にならないそうで・・・

英語で答える場面では、後半頭の中が真っ白になり
自分で何を言ってるのかわからなくなり、
途中で止まってしまうなど、
なんとも後味の悪い面接だったと娘は言ってました><。
5歳から英語をかじり、小学生時代は英検取得に励み(家庭学習のみで)
小5では準2級を取得するなど英語が大好き!!
(英語だけ秀でていてもダメですが・・)

この春娘は英語を武器に、地元国立大・新設3年目の国際地域学部で
新しい仲間とともに晴れて大学生になります。
留学や海外研修など行く機会も増えることでしょう。
いろんな世界を見て見聞を広め、素敵な大人になってほしいです!
いや、言いたいのはコレです ↓

ひとりできちんとご飯が食べられる人間になってほしいのです(^_-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする